気になるお墓や葬儀の形式について

今やお墓や葬儀にはたくさんの種類があります。事前に調べておくことをオススメします。 - お墓や葬儀の形式

新着情報

◆2016/10/26
お墓や葬儀の形式の情報を更新しました。
◆2016/06/29
全国で有名な霊園の情報を更新しました。
◆2016/06/29
ペット霊園の情報を更新しました。
◆2016/06/29
霊園の価格の情報を更新しました。
◆2016/06/29
霊園の購入時期の情報を更新しました。

お墓や葬儀の形式

現代のようなお墓や葬儀の形式というのは、一体いつ頃から始まったのでしょうか?今やお墓や葬儀社はネットで探せる時代となっています。
お墓の歴史とはどのようなものだったのか。今回はお墓の歴史を中心に、少しご紹介したいと思います。

仏舎利が始まり

日本におけるお墓の起源は、ひとつには入滅した釈迦の遺骨を祀った「仏舎利(ぶっしゃり)」の影響があるといえるでしょう。

htrtrs

平安時代頃、仏教とともに石工の技術も日本に伝わり、武士や貴族など一部の上流階級の間で墓石などの石塔が建てられるようになりました。これが現在のお墓の起源と言えるのかもしれません。鎌倉時代から室町時代になると、中国から禅宗が伝来し位牌や戒名も知られるようになりました。

その影響か、現代にみられるような四角柱の形をしたお墓も作られるようになったそうです。しかし、実をいうと仏教ではお墓の建立を義務づけている訳ではありませんでした。にも関わらず、お墓が一般に普及したのは「お墓を建てて供養してあげる事で、故人が成仏出来る」と人々の間で考えられてきたからでしょう。

江戸中期に檀家制度が普及

とはいえ、現代のような墓石が普及し始めたのは江戸時代中期になってからで、それ以前は土葬されただけでした。江戸中期になると寺の檀家制度が始まり、それとともに葬式や先祖の供養が一般的になるのです。そうやって仏教が庶民の間に定着していったのですね。

ただ、全ての一般庶民がお墓を建てられた訳ではなく、身分の高い人や富裕層など一部の人だけに限られていました。

hthrtrs

葬儀の形式

葬儀は宗教によってやり方は異なりますが無宗教の場合、生前葬や密葬、家族葬、一般葬、社葬など様々な種類があります。
そして密葬や家族葬を行う際は気を付けなければならないことがあります。親族や友人はどの範囲まで呼ぶべきなのかです。
葬儀にもたくさんの種類がありますので事前に知っておけば、葬儀社とも早く話が進むでしょう。

明治時代に確立される

明治中期になり、ようやく一般庶民の間でも墓石が建てられるようになり、太平洋戦争後には洋風の墓石も作られるようになりました。昭和23年に「墓地埋葬等に関する法律」が施行され、お寺の墓地だけではなく、霊園という新しい形の墓地も開設されるようになったのです。
花葬儀の家族葬プラン:http://www.hana-sougi.com/

Copyright(C)2015 気になるお墓や葬儀の形式について All Rights Reserved.